ニキビケア

背中ニキビ

ニキビというともっぱら顔にできるものを想像しますが、意外に多いのが背中ニキビです。

背中ニキビができやすいのは、背中には、顔と同じように毛穴や皮脂腺が多いため。

背中は顔と比べて、日ごろよく見る習慣はなかなかないので、背中ニキビは発症してもすぐには気づきにくいものです。

手入れに関しても、普段見えない個所なだけに顔より手抜きになりがち。 また、背中ニキビの原因として、化学繊維の下着による締め付けがあげられます。

特にブラジャーは化学繊維を用いていることが多く、また締め付けることで汗がたまったままになってしまいます。

その状態でいると、毛穴の中で細菌が繁殖しやすくなり、背中ニキビの原因となってしまうのです。

そのため背中ニキビの予防のためには、できれば、化学繊維でできていない、締め付けない下着を選ぶことが必要とされます。

また寝具が不衛生であることも、背中ニキビの原因につながります。

寝ている間にかく汗が、シーツや敷ふとん、ベッドのマットにしみこんで、 そのまま放置していると、菌が繁殖して、背中ニキビの原因となります。

毎日その上で寝るということは、肌に直接菌の影響を受けてしまいます。

寝具類はこまめな洗濯を心がけると良いでしょう。

雑菌は背中ニキビの悪化の原因となるので、身の回りを清潔に保つことも重要です。

 

サイトマップ

3カラム構造