ニキビケア

大人ニキビ

かつては「青春の証し」などとも言われていたように、ニキビ発生のピークは、男女ともに10〜20歳代で、場所としては主に皮脂腺の多い顔や頭、そして胸や背中などに多く見られます。

しかし近年、大人になっても頑固なニキビができて治らない人たちが増えています。

このような思春期以降のニキビを一般的に「大人ニキビ」あるいは「吹き出物」と呼んでいます。

皮脂の分泌は10代の頃と比べて減ってきているはずなのに、できてしまうニキビ。しかし医学的には「尋常性ざ瘡」という同じものなのです。

異なる点は、できる原因です。

10代の思春期にできるニキビは、成長期に見られる皮脂分泌の過剰が主な原因。

しかし大人ニキビは、原因が複雑です。

不規則な食生活や月経前症候群、スト レス・スキンケアの間違い・化粧品の選び方や使い方の間違い・ホルモンの作用など、さまざまで、一概に「これ」とは言えないのです。

そのため大人ニキビに悩んでいたAさんにに効いた解決法が、必ずしもBさんCさんにも有効とはならない場合も多くあります。

さらに大人の肌の場合、新陳代謝が10代に比べて低下しているため、ニキビが跡になりやすいのもやっかいなところです。

 

サイトマップ

3カラム構造