ニキビケア

ニキビを治す薬 

洗顔や食生活に気を使っていても、一度できてしまったらなかなか治ってくれない大人ニキビ。

無理につぶしたり自然治癒を待っていても痕が残りがち。そんなときは薬に頼るのも一つの手です。

皮膚科でもらえるニキビ治療薬は内服薬と塗り薬に分けられます。

内服薬としてもらえるのは、主に抗菌剤です。

これは、化膿ニキビに関与した菌を抑制する効能を持っています。

ただし長期にわたって使用していると、耐性菌が発生したり、肝機能障害を起こすなどの副作用が出る可能性がありそうです。

また、皮脂分泌のコントロールや、ニキビ痕の色素沈着の改善のためにビタミン剤が処方されることもあるようです。

塗り薬も内服薬同様、抗菌剤や抗生物質が処方されるようです。

こちらも長期の使用によって内服薬と同様の副作用の心配があるため、注意が必要です。また、皮膚外用治療薬として一般的である、ステロイド外用薬が用いられる場合もあります。

ステロイド外用薬は、菌を抑えながら炎症を鎮めてくれますが、長期連用による、菌に対する抵抗力の低下などの副作用が懸念されます。

これらの他にもニキビ治療薬は多数ありますが、体質は人それぞれ。薬を使用したい場合はお医者様とよくご相談されてください。

 

サイトマップ

3カラム構造