ニキビケア

ニキビと洗顔

ニキビを予防するためには、なにはなくともまずはお肌を清潔に保つことです。

そのためには洗顔の方法にも一工夫が必要。

清潔さが大事といってもやみくもに何度も洗えばいいというものでもありません。

回数自体は朝と夜、1日に2,3回で十分です。それ以上洗うとかえって皮脂の分泌が増えてしまいます。

また、季節によって石鹸の使い分けをすることをお勧めします。

夏は汗をかきやすく皮脂の分泌量が増え、肌が汚れやすい時期。

油分を落とすことに特化した洗顔料が良いでしょう。

それに対して冬は空気が乾燥して肌がかさつきがちです。

夏よりやさしい洗顔料で、皮脂を落としすぎないことが大切です。

洗顔の方法ももちろん大事。ただゴシゴシすればいいというわけではありません。

まずは髪が落ちてこないようにヘアバンドなどで止めて顔全体を出します。

生え際は汚れやすく、ニキビのできやすい場所なのです。

次に手を洗うこと。

せっかく顔を洗うのに、その手が汚れていては汚れを顔につけてしまいます。

そして泡立ては十分に。

手の平でも泡を立てることはできますが、泡立てネットなどを使うと、よりキメの細かい泡を作り出すことができます。

そうしてできた泡でマッサージするようにやさしく洗っていきます。

皮脂の多い額からこめかみ、鼻の辺りは入念に。

洗い流すときはぬるま湯でやさしく流していきます。

生え際など、洗い残しのないよう注意が必要です。

仕上げに清潔なタオルでしっかりと水気を拭き取ります。

このときゴシゴシこすらず、タオルを肌に押し当てる程度にしましょう。

時間に余裕があれば、石鹸を使う前に温めたタオルを2,3分顔にあてて毛穴を開かせておくと、より効果的です。

 

サイトマップ

3カラム構造